機動戦士ガンダムに学ぶ株式投資
機動戦士ガンダムのセリフに重ねて、株式投資を学んでいきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
腰を引いた瞬間とかバランスを崩した時なら(第3話より)
シャアの急襲を受け、正規軍人がほとんどいない状況で出航したホワイトベース。シャアの影に怯えながら、連邦軍の基地・ルナ2へ進路を取る。

しかし、シャアの部隊が補給艦と接触するのを確認したホワイトベースのクルーは、この機会に乗じて攻撃を画策する。

ブライト「ハヤト君、どう思うかね?」
ハヤト「はい、相手がいくら大きい人でも、腰を引いた瞬間とかバランスを崩した時なら倒せるものです。これ、柔道の話ですけど」


ホワイトベースから発進したガンダム、コアファイター、ガンタンクは、補給中の部隊を奇襲。補給艦を撃破し、なんとかルナ2に逃げ込むことに成功する。

長期的に上昇トレンドの銘柄でも、日経平均が暴落した時や、実際には影響がない悪材料が出たときなら安く買えるものだ。このチャンスを見極められるようになると、利益を上げられる確率も高まるだろう。



株式投資を始めたばかりのころは、欲しい銘柄があると、すぐに飛びついていました。しかし、たいていの場合、1、2週間も待てばピョコンと下がって、「もっと安く買えたのに」と悔しい思いをしたものです。

私の場合、中長期で考えているので、「相手がバランスを崩す」まで辛抱強く我慢することが大切だなと考えています。



カブログランキングに登録したら、思ったよりたくさんの人が訪問してくださいました。週1ぐらいの更新を考えていたのですが、がんばって更新頻度を上げていかなければ、と思ったしだいであります。

このブログに一票
スポンサーサイト
シミュレーションを二度やった(第2話より)
シャアの部隊の襲撃を受け、連邦軍の新型艦ホワイトベースの正規クルーの多くが負傷する。やむを得ずパイロット候補生のリュウ・ホセイが、戦闘機・コアファイターで出撃することになった。

リュウ 「ブライト、コアファイター発進OKだ」
ブライト 「リュウ、大丈夫なのか?」
リュウ 「オレはパイロット候補生だぜ」
ブライト 「…素人よりは確実だが、経験は?」
リュウ 「シミュレーションを二度やった」


初陣でなんとかアムロの援護をするリュウだったが、次の出撃では無線機を切ったまま戦闘に入り、ホワイトベースの射線を遮るという失敗を犯す。しかも、太陽を正面にして攻撃をしかけようとして、民間人のアムロに「リュウの奴、軍人の癖に」と文句を言われる始末。

株式投資のシミュレーションができるサイトもいくつかあるが、それで成功したからといって、実際にうまくいくとは限らないのだ。

たとえば、シミュレーションでは買い注文を出せば、その日の取引値で希望の株数を必ず買うことができる。しかし実際には、売り注文の出ている株数しか買うことができない。

あたりまえのことだが、シミュレーションの知識だけでは、実戦に対応できないのだ。



今にして思えば、私の場合、シミュレーションでの経験はほとんど意味がなかったなと思います。複数気配を見たこともなかったし。

だからと言って、即実戦はおすすめしません。やっぱり最低限のルールは覚えてから戦場に出ないと、いいカモになるだけだしね。

逆にリュウさんは、よく生き残ったよ(途中までだけど……)。

このブログに一票
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。