機動戦士ガンダムに学ぶ株式投資
機動戦士ガンダムのセリフに重ねて、株式投資を学んでいきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
しかし小僧、自分の力で勝ったのではないぞ(第19話より)
ランバ・ラルの襲撃を受けたホワイトベースは、脱走中のアムロを呼び戻す。思い切った攻撃で、アムロはランバ・ラルの乗るグフを撃破した。

ラル 「見事だな。しかし小僧、自分の力で勝ったのではないぞ。そのモビルスーツの性能のおかげだという事を忘れるな」

ランバ・ラルは、そう言い残して脱出した。

5月中旬には11,000円を切っていた日経平均株価が、9月28日の終値で13,400円を超えた。4月末の暴落時から5月にかけて株を買った人のほとんどは、現在まで持ち続けていれば、かなりの確率で儲けることができたはずである。

多くのビギナーも、怪しげな銘柄さえ手を出していなければ、これまでにない利益を上げられたのではないだろうか。しかし、それは自分の銘柄選択の力で勝てたのではない。あくまで、相場全体の流れのおかげだということを忘れてはいけない。

この後、いつかは日経平均が下げる時がやってくる。その時に、本当の銘柄選択の力が試されるのだ。

アムロは、7年後、普通の輸送機で最新のモビルスーツを撃破する。性能のいいガンダムで戦って経験を積み、実力をつけたからである。日本の相場が上昇基調の今こそ、銘柄選択の実力をつけるときなのかもしれない。

「このブログを応援するよ」という奇特な方は、カブログランキングに投票をお願いします。ココをクリック!


9月26日にエスコムが上場廃止になってから、ザラ場を見ていても、いまひとつ興奮しません。中長期で臨んでいるのだから、興奮なぞせずに、気合を入れて仕事しろって感じなのですが。

それにしても、いいタイミングで株を始められたなと思います。私が始めたのは、去年の10月。その時、日経平均は11,000円を切っていました。年末には相場全体が上昇し、利益を出すことができたおかげで、じっくりと株の勉強をできるようになった気がします。

これが、暴落局面での参入だったら、含み損生活が長引き、冷静な判断ができずに、目先の利益だけを追う短絡的な売買をしていたかもしれません。そういう意味では運が良かったですね。

アムロも最初に乗ったのがガンダムじゃなくて、ガンタンクだったらジーンにあっさりやられていたかもしれないですし。そしたら、番組タイトルは「機動戦士ザク」ですよ。ジーンが手柄を立てて出世していく話……おもしろいんでしょうか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。