機動戦士ガンダムに学ぶ株式投資
機動戦士ガンダムのセリフに重ねて、株式投資を学んでいきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
君は生き延びることができるか? 3
「株式投資で生き延びる方法をホワイトベースのクルーに学ぶ」第3回です。

今回もカイさんについて考えていきたいと思います。

まだ、ブライトさんが艦の指揮に慣れていないころ、ホワイトベースに乗艦していたリード中尉と作戦について口論になったことがありました。

ブライト 「我々は軍人です。民間人を守る義務があります」
リード 「だ、だからこそだよ。百人以上いる避難民をホワイトベースから降ろせばだな、我々は衛星軌道に戻って体勢を」
ブライト 「ここはジオンが占領している所なんですよ。子供や老人達を」
フラウ 「避難民を降ろすの?」


体勢を立て直すために、避難民を降ろすべきだと主張するリード中尉に対し、避難民は降ろせないと主張するブライトさん。

そこにツッコミを入れるのがカイさんです。

カイ 「でもよ、食料はどうするんだい? 戦闘できない人たちが100人もいるんだぜ」

こういう視点で物事を見れるのがカイさんなんです。周りは敵だらけ。自分たちの命が危ない。どうやって生き延びるか?

そういうときに、カイさんは食料のことを考えています。短期決戦であれば、食料のことは気にしなくてもいいかもしれません。しかし、いつまで孤立無援で戦わなければいけないのか分からない状況では、食料は非常に大きな問題になってきます。事実、この後、ホワイトベースは塩が足りなくなり、塩を補給するための作戦を行わなければならない事態になります。

目の前に大きな問題があると、そういった部分が忘れ去られがちです。株式投資においても、「値上がりする株の選び方」「損切りの仕方」といった戦闘の仕方ばかりに目を奪われ、それを支える「資金管理」については、あまり考えていないということも多いようです。

自分の総資金の中から、どれぐらいの割合を投資に回すのか。1つの銘柄に対して、どれぐらいの資金を使うのか。自分の投資法やリスクの許容範囲から、こういった「資金管理」について考えていくことが大切なのです。

戦闘に勝つことだけを考えていては、生き延びることはできません。

カイ 「ブライトさんよう、無理のし過ぎじゃ戦いは勝てないぜ」(第27話より)

株式投資で生き延びる方法をホワイトベースのクルーに学ぶ~カイ編~は、もうちょっと続きます。

「このブログを応援するよ」という奇特な方は、カブログランキングに投票をお願いします。ココをクリック!


気が付けば、今年も残すところ10日となりました。毎年、この時期は仕事に追われているので、あっという間に過ぎてしまいますね。しかも、取引先との忘年会もあったりして、お疲れ気味です……。皆さんは、年末は忙しくないんでしょうか?

仕事が忙しくても、持ち株が上がっていれば気分もいいのでしょうが、連日の日経平均の好調に反して、あまり芳しくありません。すっかり置いてきぼりです……。つまんないなぁ。

こっそり人気blogランキングにも登録してみたので、気が向いたらクリックしてみてくださいませ。

人気blogランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。