機動戦士ガンダムに学ぶ株式投資
機動戦士ガンダムのセリフに重ねて、株式投資を学んでいきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ギレンの演説と私
「我々は一人の英雄を失った。しかし、これは敗北を意味するのか?否、始まりなのだ。地球連邦に比べ我がジオンの国力は30分の1以下である。にもかかわらず、今日まで戦い抜いてこられたのはなぜか? 諸君、我がジオン公国の戦争目的が正しいからだ」

「決定的打撃を受けた地球連邦軍にいかほどの戦力が残っていようと、それはすでに形骸である。あえて言おう、カスであると。それら軟弱の集団がこのア・バオア・クーを抜くことはできないと私は断言する」

最初が、ガルマが死んだ直後、まだジオンが地球上の重要拠点を制圧していたころのギレンの演説です。

そして次が、地球から撤退し、宇宙要塞ソロモンも陥落、本国防衛をかけたア・バオア・クー攻防戦直前のギレンの演説。


前者は、戦況がジオンに有利なため、まだまだ余裕たっぷりです。「地球連邦に比べ我がジオンの国力は30分の1以下」と、しっかりと現状を認識した上で、勝利しようとしています。

ところが、せっぱつまってくると、「あえて言おう、カスであると」と、現状認識もあったもんじゃありません。「相手がカスだから、負けるわけない!」というのはめちゃくちゃです。この発言をした時点で、ジオンの負けは決まりましたね。


追いつめられると、気づかないうちに、見たくない現実から目をそらし、強気の発言を繰り返す人もいるんですよね。

……私のことですが。


ライブドアショック以降、ものすごい勢いで資産が減っているわけですが、心の平静を保つために、多少、株の研究から遠ざかっていました。ちょっと情けないですね。

おまけに仕事のストレスで、食道炎になってしまいました。ホント弱いなぁ~。


ちなみに、株の研究っていってもガンダムのビデオを観るだけという話もありますが……。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。