機動戦士ガンダムに学ぶ株式投資
機動戦士ガンダムのセリフに重ねて、株式投資を学んでいきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
なぜ、ご自分で探してはくださらなかったの?(第33話より)
宇宙に上がってから戦闘が続いていたホワイトベースは、修理のためサイド6へ入港した。そこで、ミライは婚約者のカムランと出会う。

カムラン 「もう二度と君には会えないと絶望していたんだ。そしたらこの戦争だろ、君の父上が亡くなられなければ戦争だって……」
ミライ 「そうね、私がサイド7へ移民することもなかったかもしれないわね」
カムラン 「それなんだ、なぜそれを僕に知らせてくれなかったんだ? ミライ。君の消息を得るために僕は必死だった」



自分の持っている株が、突然急落する。そんな時、多くの人は、まず急落の原因を探そうとするのではないだろうか。ポジションが大きければ大きいほど、情報を得るために必死になるはずだ。


カムランの訴えに、ミライは聞き返す。

ミライ 「必死で?」
カムラン 「ああ、必死で探させた。いくら費用がかかったかしれないくらいだ」
ミライ 「そう。なぜ、ご自分で探してはくださらなかったの?」
カムラン 「このサイド6に移住する間際だったから」


カムランは、ミライと向き合っていなかった。そのため、突然ミライがいなくなった時に、なぜミライはいなくなったのか、もしもどこかへ行ったとしたら、どこへ行こうと考えていたのかということを考えずに、ただ闇雲に居場所を探すことしかしなかった。

もしも普段からミライのことを考え、ミライと話し、ミライの気持ちを理解していたのなら、「彼女なら、こういう時に、このような行動をとるのではないか」と推測し、もっと容易に居場所を探すことができたのではないだろうか。


株価が急落した時に、どうして下がったのか訳が分からず、あわてて情報を探す。それは、今までその銘柄と向き合ってこなかった証拠だ。きちんと向き合っていれば、すぐにいくつかの原因を推測できるはずだ。そして、その推測に基づいて情報を探していけば、闇雲に情報収集するよりも、容易に真実に近づけるのではないだろうか。


カムランは、自分でミライを探していなかった。金を出し、人を雇って探させただけだった。ミライは、それが許せなかった。

ミライ 「結局、親同士の決めた結婚話だったのね」


きちんと向き合わずにつきあおうとすると、しっぺ返しをくらうのは株式投資の世界でも同じはずだ。



改めて読み返してみると、先日の記事は長すぎですね。何回かに分けてアップすれば良かった……。

さて。

今月もお給料が入ったら、いくつか買いたい銘柄があるんですが……夏に中国旅行に行くことになりそうなんで、あんまり資金を回せなさそうな感じです。

1年間、NHKの中国語会話で鍛え、台湾ドラマ「西街少年」をリピートしまくって鍛えた中国語がどこまで通用するか、ちょっぴり楽しみです。

ちなみに「西街少年」は……

「人間の欲は限りない。一つ手に入れると、また次が欲しくなる。金、権力、縄張り、そして女……」

というようなセリフが飛び交うドラマです。さて、この中国語がどこまで通用するか……。

参考:
西街少年 ~westside story~ BOX I
icon
西街少年 ~westside story~ BOX II
icon

カブログランキング 人気blogランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。