機動戦士ガンダムに学ぶ株式投資
機動戦士ガンダムのセリフに重ねて、株式投資を学んでいきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ドラマのように格好のよいものではない(第34話より)
サイド6に近い宙域で、ホワイトベース隊とコンスコン隊の戦闘が始まった。その様子をテレビで見ているシャアとララァ。

シャア 「フラナガンはやさしくしてくれたか?」
ララァ 「はい」
シャア 「よく見ておくのだな。実戦というのはドラマのように格好のよいものではない」


株式口座の開設申し込みをして、実際に開設されるまでの間、毎日チャートを見ながら、これからの投資生活に想いをめぐらせていた人も多いだろう。キーボードを叩いて、マウスをクリックするだけで、何十万円も動く。時給800円のアルバイトに比べて、なんとクールな稼業なんだとニヤリとした人もいたはずである。

ところがいざ投資を始めてみると、思い通りの売買ができず、不安も大きく、ストレスもたまる。利益を出そうと思えば、自給800円の肉体労働よりもつらい、地道な研究が必要になることに気がつく。株式投資というのは、ワイドショーに取り上げられるような格好のよいものではないのだ。

格好よく勝とうと思えば、戦いの本質が見えなくなる。本質が見えなければ、決して勝つことはできない。シャアは、それをララァに見せようとした。



ララァ 「白いモビルスーツが勝つわ」
シャア 「ん? ガンダムは映っていないぞ」
ララァ 「わかるわ。そのためにあたしのような女を大佐は拾ってくださったんでしょ?」
シャア 「フフフ。ララァは賢いな」


ララァは、一瞬で本質を見抜く目を持っていた。だからこそ、ガンダムの勝利を断言できた。



初心者投資家が、まずやらなければいけないのは、本質を見抜く目を必死で身につけることなのである。もしも、生まれつきその目を持っているのであれば、その人はニュータイプなのであろう。



シャアのセリフは久しぶりな気がします。なんだよ~、シャア~! 年下なのに格好よすぎるよ~。

おっと、「格好よさ」に気を取られていてはいけないですね。本質を見抜く目を持たなければ。

カブログランキング 人気blogランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。