機動戦士ガンダムに学ぶ株式投資
機動戦士ガンダムのセリフに重ねて、株式投資を学んでいきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
だいぶ余裕が出てきた証拠だな(第35話より)
陽動作戦のため単独で航行を続けてきたホワイトベースだが、ジオン軍の要塞であるソロモン攻略を控えて、連邦軍艦隊と合流する。そこでブライトは、かつて敵対したこともある上官・ワッケインと再会する。

ワッケイン 「これが現在我々の通っているコースだ、主力は大きく迂回して進んでいる」
ブライト 「これは。やはり作戦目標はソロモンですか?」
ワッケイン 「そうだ。ホワイトベースは我々と共にソロモン攻略の先鋒となる」
ブライト 「そうですか、大変な任務ですね。我々にできますか?」
ワッケイン 「君自身、そんなことを考えられるようになったのもだいぶ余裕が出てきた証拠だな。大丈夫だ」


ホワイトベースの艦長となった当時のブライトは、士官学校を出たばかりで実戦経験もなかった。その状態で危機的状況に放り込まれたわけであるから、余裕がなかったのは当然である。無我夢中で戦ってきたのだろう。

時には、自分が置かれた状況を正しく認識することができずに、数多くの失敗もした。そんな中で、彼自身の努力や仲間の協力、そしてさまざまな偶然のおかげで、ブライトは生き延びてきた。

そこで得た知識や経験によって、ブライトは現状を正しく認識し「大変な任務ですね」と言えるようになったのである。



自分の得意分野以外で新しいことを始めようとした時に、なかなか上手くいかないのは、その分野に対する知識がないからだ。知識があれば、自分の置かれている状況が理解できるし、行動を起こす際のリスクも計算することができる。

株式を売買する時に、「その売買におけるリスク」をしっかりと認識できているであろうか?

それを知らずに売買しているのであれば、まだまだ初心者である。



ワッケインは、厳しい戦いをくぐりぬけてきたブライトにこう言った。

ワッケイン 「貴様もいっぱしの指揮官面になってきたかな? 結構なことだ」



「1回1回の売買におけるリスク」を認識できるようになれば、いっぱし投資家面になっているのかもしれない。



ワッケインもかっこいいなぁ~。シャアにはない大人のかっこよさがありますね。ぜひとも生き残って、戦後の連邦軍を指導していってほしかったです。惜しい人を亡くした……。



なんだか、3月からずっと仕事が忙しいんですが、これは誰かの陰謀でしょうか? うちの会社は3月末決算なんで、5月末までに決算書を提出しなければならないんですが、全然手をつけてません……。そのほかの仕事も山のようにあり、いつ決算書までたどりつけるのか分かりません。

ブログを書いている場合じゃないような気もしますが。

もう寝よう。明日早く起きて頑張ろう。

カブログランキング 人気blogランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。