機動戦士ガンダムに学ぶ株式投資
機動戦士ガンダムのセリフに重ねて、株式投資を学んでいきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
それが戦争というものだろうが(第35話より)
連邦軍のティアンム艦隊が、ジオン軍の要塞ソロモンに迫っていた。ソロモンを守るのは、デギン公王の息子ドズル・ザビ。

ドズル 「ティアンム艦隊の動きは掴めんのか?」
ジオン士官 「申し訳ありません。ミノフスキー粒子の極度に濃い所を索敵中でありますが、ダミーが多くて」
ドズル 「それが戦争というものだろうが」




「ライブドアショックのせいで……」「見せ板のせいで……」「この銘柄が雑誌で紹介されたせいで……」「投資家の●●が売ったせいで……」

損をした時に、いろいろと言い訳をする人がいる。「それさえなければ、損をすることがなかった」と言う。

たしかに、さまざまなノイズのせいで損をすることもあるだろう。悔しい思いをするのも分かる。

しかし「それが株式市場というもの」なのだ。



ドズルは不利な戦況の中でも、決して言い訳はせず、最後まで前向きに戦った。結果的にソロモンは陥落したが、彼がいなければ、より多くのジオン兵の命が失われていただろう。



言い訳を探す暇があったら、どうすればより多くの資金を生き延びさせられるかを考えるべきなのだ。



前に「上司にするならドズル中将」と書いたことがあるんですが……よく考えると、体育会系とは程遠いところにいる私には、ちょっと厳しいかもしれません。いつもダラダラ仕事をしているので、すぐに怒鳴られて、あっという間に降格させられそうです。

うん。もっとキビキビ仕事をしなければ!

カブログランキング 人気blogランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。