機動戦士ガンダムに学ぶ株式投資
機動戦士ガンダムのセリフに重ねて、株式投資を学んでいきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
なぜあなたはこうも戦えるの?(第41話より)
戦場で出会ったアムロとララァは、戦いの中で心を通わせる。

ララァ 「なぜ、なぜなの? なぜあなたはこうも戦えるの? あなたには守るべき人も守るべきものもないというのに」
アムロ 「守るべきものがない?」
ララァ 「私には見える。あなたの中には家族もふるさともないというのに」
アムロ 「だ、だから、どうだって言うんだ? 守るべきものがなくて戦ってはいけないのか?」
ララァ 「それは不自然なのよ」
アムロ 「では、ララァはなんだ?」
ララァ 「私は救ってくれた人のために戦っているわ」
アムロ 「たった、それだけのために?」
ララァ 「それは人の生きるための真理よ」




自分の持っている銘柄の株価が急落する。買うときに事業分析をして、財務内容も確認して、将来性があると確信して購入した銘柄だ。

「今の急落は一時的なもの。すぐに戻すはず」。そう考えてホールドするが、株価が戻ることはなく、それどころかどんどん下がり続けていく。

そして叫ぶのだ。「なぜこうも下落する。ファンダメンタルズで考えると、今の株価は不自然だ」と。



ララァは、守るべきものがないのに戦うアムロを責める。しかし、アムロには守るべきものがあった。ア・バオア・クーでの戦闘終了後、アムロは言う。

アムロ 「まだ僕には帰れる所があるんだ」

つまり、アムロはホワイトベースのクルーを守るために戦っていたのだ。サイド7を脱出してからずっと、共に戦い、共に苦しみ、時にはぶつかりあった仲間は、アムロにとって家族だった。

一方、ララァは不幸な境遇にあった自分を救い、信頼して、役割を与えてくれたシャアの期待に応えようとしていた。シャアはララァを女性としてではなく、自分の目的のために利用する道具であると見ていた節がある。

会話の上では、アムロには守るべきものがなく、ララァにはあるように見えるが、実際は逆だったのだ。



アムロ 「では、この僕達の出会いはなんなんだ?」
ララァ 「ああっ。これは? これも運命なの?アムロ」


このとき、ララァは何を見たのだろうか。おそらく自分が信じていた「戦う理由」、そして「守るべきもの」が間違っていたということなのではないだろうか。

真実に気がついたとき、ララァは激しく動揺する。そして、それが悲劇を生むのだ。



なぜララァほどのニュータイプが、その真実に気づけなかったのだろうか。それは、シャアと最初に出会い、シャアのことを信じたいと思ったからである。

人間は「最初に出会った情報、知識に、強い影響を受ける」ものであり、「信じたいものを信じる」ものなのだ。

だから、現在の株価の下落という現実よりも、最初に自分が行った分析を信じ、そして「すぐに戻すはず」ということを信じる。

最初の思い込みを捨て、現在の状況を冷静に分析できるか。それが生死の分かれ目になる。



今回の話は実体験です。

私も昔モビルスーツのパイロットをやってまして、敵軍の女性兵士と……

そんな話があったらいいんですが。



実際は、銘柄分析を信じすぎてしまって、損切りが遅れてしまったということです。何事も固執してはいけませんね。反省であります。



ついに「第41話・光る宇宙」まできてしまいました。続きを書くのが、なんだか怖いです……。

カブログランキング 人気blogランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。