機動戦士ガンダムに学ぶ株式投資
機動戦士ガンダムのセリフに重ねて、株式投資を学んでいきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
助かるものも助からんぞ(第30話より)
シャアの率いる特殊部隊が、連邦軍のジャブローに潜入。破壊工作を行うが、あえなく失敗に終わる。

シャア 「構うな。全員脱出する。作戦が失敗となればただちに撤退だ、いいな?」
アカハナ 「は!」


破壊工作を目的とした部隊は、その性格上、戦闘には向かない。目的が失敗し、交戦せざるをえない状況になれば、すぐに撤退すべきだ。シャアは、すばやく部隊をまとめて撤退に入る。

黒字決算だと思って買ったのに、その会社が大幅な赤字決算発表を行い、さらに来期も下がる見通しになった。株価が安定しているので配当金狙いで買ったのに、違法営業をしていたことが発覚し、行政指導を受けた。

いずれの場合も、株価が急落していくことが予想される。すでに「黒字決算による株価の上昇」「安定性を考慮した配当金狙い」という当初の目的を達成することは難しい。作戦が失敗すれば、ただちに撤退しなければならない。

シャアの後方から迫るガンダム。部下のモビルスーツが撃破される。

アカハナ 「大佐、イワノフのアッガイがやられました」
シャア 「止まるな、止まったら助かるものも助からんぞ、走れ」


需給の関係上で下落したのであれば、持ち直すこともあるかもしれない。しかし、株価が急落していく原因が会社そのものにあった場合、「リバウンドするかも」という考えは禁物である。

ここで迷って損切りが遅れれば、助かるものも助からなくなってしまう。

リバウンドが起きるかどうかは、予想が難しい。するかもしれないし、しないかもしれない。もしも、リバウンドしなければ大きな損害を被ることになる。

どうしても「リバウンドに賭ける」というのであれば、次のように考えてほしい。

……自分はアッガイに乗っている。後ろから迫るガンダム。多少の損害は気にせず、ひたすら逃げ続けて、地下水脈に飛び込むか。立ち止まって、ガンダムに反撃するか。勝てるかもしれないし、勝てないかもしれない。

さて、どちらを選択すべきか。



実は、私にはアムロと共通するクセがあります。とても恥ずかしいことなんですが、ストレスがたまると爪を噛んでしまうのです。

極度のストレスがかかっていると、知らないうちに、10本の指の爪がすべてきれいになっています。おかげで、爪を切る必要がありません……。

正月休みの間は、食べて、テレビを見て、寝るだけという非常にストレス・フリーな生活をしていたため、人並みに爪が伸びていたのですが、休み明けそうそうに仕事でトラブルが続き、爪がきれいになくなってしまいました。

本当は「アムロと同じだ~」と喜んでる場合じゃないんですよね。やめたいなぁ。

さて。

年末に、せこく稼ぐ用資金を使って、4794デザインエクスチェンジを115,000円で2株買いました。それが今日、ぴょこっと値上がりしたので、12,800円で売却。本当にせこく稼がせてもらいました。

長期投資でやっていると、売買回数が少なくなり、衝動的に短期売買をしたくなってしまったりするので、こういう息抜きも必要なのかなと思っています。

で、資金にちょっと余裕ができたので、以前に書いた9948アークスの買い増しを行いました。

これで、しばらくは売買する予定がなくなりました。しばらくは、株のことは忘れて仕事に専念したいと思います! もちろん、株価チェックは毎日しますが……(全然忘れてないじゃん!)。もちろん、ブログも更新しますが……(きっと!)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
種銭の差が戦力の決定的差では
ないということを教えてやる!!
2006/01/14(土) 19:51:55 | URL | #-[ 編集]

戦いは種戦だよ! 兄者!

……私としては、多ければ多いほどうれしいな~と思います(笑)。
2006/01/15(日) 23:42:57 | URL | tradam #-[ 編集]

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tradam.blog9.fc2.com/tb.php/106-78057a1e
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。