機動戦士ガンダムに学ぶ株式投資
機動戦士ガンダムのセリフに重ねて、株式投資を学んでいきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
デンドロビウムによる強襲作戦
あなたが試作ガンダムGP-03デンドロビウムのパイロットだったとしましょう。あなたの所属する部隊は、デンドロビウム1機で構成される強襲作戦専用部隊です。

司令部から作戦が届きます。「ジオンの残党が潜む小惑星Aを強襲せよ」。あなたは早速モビルスーツに乗り込み、単機で小惑星Aに攻撃を仕掛けます。

ところが小惑星Aに着くと、事前情報よりも敵モビルスーツの数が多く、短時間で殲滅することが難しそうです。戦闘時間が長引けばデンドロビウムは不利になります。ここは撤退するしかありません。

撃墜さえされなければ、また次の作戦で戦果を挙げることができます。



基地に戻って整備・補給を受けていると、司令部から再び出撃の命令です。次の攻撃目標は、別の拠点でした。

デンドロビウムに乗り込み出撃。今度は見事、ジオンの残党を殲滅することができました。



意気揚々と基地に引き上げると、またまた出撃命令です。司令部は、1機しかないデンドロビウムを効率的に使うために、回転率を上げようとしています。

3度目の出撃は、敵戦力が多かったので撤退。4度目も撤退。5度目は作戦成功……。



これが「1銘柄を全力買いして、株価が下がったら即損切り」作戦です。重武装モビルスーツ単機での強襲作戦は、作戦が成功すれば大きな戦果が上げられます。失敗すれば大きな損失を被りますが、敵戦力が大きければすぐに撤退をすることでリスクを減らそうとしているわけです。

一見、合理的な作戦に見えます。「この方法を使ってデイトレをすれば、だれでも簡単に儲けられる」と書いてある本もありますが……。

この作戦の弱点は2つ。

まず司令部の作戦が的確でなければ、無駄な出撃を繰り返し、時間と武器弾薬(手数料)ばかりを浪費してしまうということです。そんなことをしていては、撃墜されなくても、確実に戦力が低下していきます。

もう1つは、毎回必ず撤退できるとは限らないということです。敵も必死ですから、そう簡単に撤退させてくれません。おとりにひっかかった場合には、退路を完璧に絶たれる可能性もあります。ライブドアの株を700円で買った人が、100円になるまで売れなかったという事例もありました。確実に撤退できる作戦目標を選ぶことを忘れてはいけないのです。



もしも、これらの弱点について考えずに重武装モビルスーツ単機での強襲作戦を決行している人は、作戦に対する再考が必要です。ステイメン単体になってしまえば、次の作戦は難しいですから……。


<参考>


icon
icon

1/100 MG RX-78GP03S ガンダム ステイメン
icon

カブログランキング 人気blogランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tradam.blog9.fc2.com/tb.php/132-de96e41d
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。