機動戦士ガンダムに学ぶ株式投資
機動戦士ガンダムのセリフに重ねて、株式投資を学んでいきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
親父にもぶたれたことないのに(第9話より)
度重なる戦闘で疲労が蓄積し、ガンダムに乗ることを拒否するアムロ。ブライトは、そんなアムロを殴りつける。

アムロ 「な、殴ったね」
フラウ 「ブライトさん」
ブライト 「殴ってなぜ悪いか?貴様はいい、そうしてわめいていれば気分も晴れるんだからな」
アムロ 「ぼ、僕がそんなに安っぽい人間ですか?」


さらに殴りつけるブライト。

アムロ 「二度もぶった。親父にもぶたれたことないのに」
ブライト 「それが甘ったれなんだ。殴られもせずに一人前になった奴がどこにいるものか」
アムロ 「もうやらないからな。だれが二度とガンダムなんかに乗ってやるものか…」
フラウ 「アムロ、いいかげんにしなさいよ。しっかりしてよ。情けないこと言わないで、アムロ。あっ」
ブライト 「俺はブリッジに行く。アムロ、今のままだったら貴様は虫ケラだ。それだけの才能があれば貴様はシャアを越えられる奴だと思っていた。残念だよ」


投資の指南本には必ずといっていいほど「損切りの重要性」が書かれている。「損切りが上手にできるかどうかが、パフォーマンスの差になる」というのが定説だ。

逆に、世の中には「損切り貧乏」と呼ばれる人も存在する。買値から5%下がったら売り、ほかの銘柄を購入。その銘柄も買値から5%下がって売却。1つの銘柄で5%以上損することはないが、永遠に利益が出ない……。

損切りとは「株価が想定外の動きをして、損失を出してしまった時に、取引を手仕舞い損失を確定すること」。

ここで重要なのは「想定外の動きをして」という部分だ。この部分なくして、ただ下がったからといって売却するのは、「上手な損切り」とはいえない。

たとえば、デイトレのように超短期で、「買値よりも上がる」という想定で銘柄を購入したとする。この場合、買値よりも下がった時点で、想定外の動きになるので、売却をしなければならない。

また、「買値よりも5%ぐらいまでは下がるかもしれないが、最終的には買値を上回る」という想定で銘柄を購入すれば、買値より5%下がった時点で、売却をすることになる。

このような場合の損切りは機械的に行えるので、精神面のコントロールができれば、それほど難しくはない。

ところが中長期の場合、より多くの想定をしなければならない。たとえば、日経平均に引きずられての下落や、上昇トレンド中の押し目など、「想定できる下げ」はいくらでもある。これらの想定をせずに、「なんでもかんでも●%下がったから売却」をするから「損切り貧乏」になってしまうのである。

ちょっと下がったぐらいで「もう買わないからな。だれが二度とこんな銘柄なんか買うもんか」と売却するようでは、ブライトさんに「虫ケラ」呼ばわりされても仕方がない。

一度も下落をせずに上昇し続ける銘柄はない。株価が下落したら、「なぜ下落したのか」を調べて、想定の範囲外である時のみ売却するべきなのだ。それが正しい損切りなのではないだろうか。

「ちょっと面白かった」と思ったら、カブログランキングに投票をお願いします



このシーンのブライトさんはいいですよね。とても19歳とは思えない。やはり戦争は人を早く成長させるということですね。

自分も子どもができたら、しっかりと殴って育てたいと思います。私もよく親や先生に殴られました。世間では虐待としつけの区別がついていない人もいるようですが、体で覚えさせるって大事なことのような気がするなあ。言葉で完全に理解させられるほど、子どもの脳みそは出来上がっていないわけですし……。

おっと、小難しいことを書いてしまいました。株のことも書きましょう。

実は、私はまだ損切りを経験していません。含み損がある銘柄でも、-1万もいってませんから、塩漬けもありません。

株を始めたのが去年の10月末ですから、これから損切りしなければならない局面も出てくるのかもしれませんが、中長期の場合、買いの場面で慎重すぎるほど慎重になれば、そんなにバリバリと損切りをする必要もないんではないでしょうか。

それから、5月末の資産は、1,981,720円でした。で、6月3日時点の資産は、2,001,340円です。出張に行っている間に、初めて200万を超えました。パチパチパチ。きっと明日には、ちょっと下がるんでしょうが……(想定内の下げです、たぶん)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tradam.blog9.fc2.com/tb.php/20-ebfc25fd
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。