機動戦士ガンダムに学ぶ株式投資
機動戦士ガンダムのセリフに重ねて、株式投資を学んでいきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
プロよりアマチュアの方が面白い作戦を考えるものです(第14話より)
度重なる戦闘で傷ついたホワイトベース。マチルダ少尉率いる部隊が、その補給と整備を行っていた。

マチルダ 「明け方までにはエンジンの整備は終わります、大丈夫です。で、私への質問ってなんです?」
ブライト 「僕らは正規軍ではありません。なのに、どうしてあなた方の補給を受け、こうして修理まで」
マチルダ 「連邦軍もホワイトベースを捨てたりはしませんし、ここにもあなたの上官を送るつもりはあります。けれど、ヨーロッパでの大きな作戦の予定があります。それに、現実に実戦に耐えているあなた方に余分な兵をまわせるほど連邦軍は楽ではないのです」
ブライト 「そんなにひどいのですか」
マチルダ 「ジオンも似たようなものです。それに、今はホワイトベースはデータ収集が第一の任務になっています」
ブライト 「データ集め?」
マチルダ 「ええ。プロよりアマチュアの方が面白い作戦を考えるものです。それをコンピューターの記憶バンクから拾いだす」


「素人の方が型にはまらないアイデアを持っているので、時にはプロよりも優れた結果を出すことがある」。素人をその気にさせる時に使われる言葉である。

現実はそんなにあまくない。何の知識も経験もない素人がプロに勝てる確率は、ほとんどない。1回や2回はまぐれ勝ちすることがあるかもしれないが、長い期間で考えると結局は負けることになるだろう。

連邦軍首脳部が本当にホワイトベースに期待しているのであれば、より撃墜されにくい環境下でのデータ収集も可能だったはずだ。それを行わなかったのは、「素人がホワイトベースを運用しても、どうせ撃墜されるだろうが、万が一、有益な実戦データを持って帰ってこられるかもしれない」……つまり「ダメでもともと」という考え方があったのではないだろうか。だから、ホワイトベースをブライトたちに任せるというレビル将軍の独断にも強く反対しなかったと考えられる。

最近は、一般の雑誌にも株式投資のことが頻繁に掲載されるようになってきた。その中には、「自分の生活感覚を生かした投資法」というのもある。『最近A社のCMが話題だからA社の株を買う』『B社の商品がお気に入りだから、B社の株を買う』というようなものだ。

これは「生活感覚で銘柄を探せば、プロの投資家が気が付かないような『儲かる銘柄』が見つかるかもしれない」と持ち上げて、何も分からない素人を株式投資の世界に引きずり込もうとしているだけなのではないだろうか。証券会社にしてみれば「素人が生活感覚で株式投資を始めても、損するのは目に見えているが、手数料収入が入るので満足」ということになる。

株式投資では、ほとんどの人がニュータイプではない。素人が安易に投資を始めれば、あっというまにジーン(アムロが最初に撃墜したザクのパイロット)に撃墜されてしまうのだ。

「続きが読みたいな」と思ったら、カブログランキングに投票をお願いします



最近、気になったCMといえばキンチョーの芳香剤「カラーフロー」。♪すけすけ、た~また~ま、ぷかぷ~か、のCMです。

もしも、キンチョーの株を買ったとしたら……検索……あれ? えーと、会社名は「大日本除虫菊株式会社」なんですね。はぁ、また勉強になった。で、株価検索っと……あれ? 上場してないんですね……これで、生活感覚の投資法が使えないことが証明されました。

関係ないけど、踊っている人の左側は「スーパーアホドル」って呼ばれてるんですね。なんじゃそりゃ。

まあ、あのアホっぽさがCMの魅力なのですが。

……気を取り直して、次のCM。オダギリジョーが専務の娘に迫られる「ライフカード」。「あなたのことパパに聞いちゃった」というセリフが耳を離れません。えーと、株式会社ライフ……ここも上場してないんですか!

もう無理! 生活感覚の投資法~CM編は、絶対無理!……と、思いましたとさ。



7月に入ってから、検索ワードのほとんどが「日本語決定戦」と「前田有花」になってしまいました。昔はみんな「私もよくよく運のない男だな」とか「私もよくよく運のない男だ」とか「殴ってなぜ悪いか」とか「殴ってなぜ悪い」とか、ガンダムのセリフで検索してくれていたのに……。

こうなったら、日本語決定戦ブログにしましょうか。ゲストに前田有花さんをお迎えして。

……ああ、これでまた罪のないネットサーファーが、このブログに迷い込んでくるんですね。

「日本語決定戦」で検索してくる皆さん! このブログでは、日本語のお勉強はできません! せいぜいガンダムの原作者である富野さんの「富野節」ぐらいしか勉強できません!

「前田有花」で検索してくる皆さん! このブログでは、前田有花さん情報は見つけられません! せいぜいガンダムの登場人物の「マチルダさん情報」ぐらいしか見つけられません!(マチルダさん情報も書いてないか)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tradam.blog9.fc2.com/tb.php/31-20a9c5db
この記事へのトラックバック
Ltd.'')は、殺虫剤など衛生薬品の製造・販売を行っている日本の日用品メーカー。「金鳥=KINCHO(きんちょう)」の商標名で知られる。正式な社名より商標が浸透している状態であるが、創業の
2007/10/01(月) 11:52:52 | 大阪企業2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。