機動戦士ガンダムに学ぶ株式投資
機動戦士ガンダムのセリフに重ねて、株式投資を学んでいきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ビームライフル v.s. ビームサーベル
「ファンダメンタルズとテクニカル、どちらが優れているか」。株式投資を始めたばかりのころは、だれもが疑問に思うのではないでしょうか。時々、ファンダ派とテクニカル派で議論しているのも見かけますが、「ビームライフルとビームサーベル、どっちが強い」みたいなもんで、それぞれ使いどころが違うものを比べてもしようがないですよね。

私の場合は……

ガンダムハンマー?

どちらかといえばファンダ派なんでしょうが、本物のファンダ派の人に怒られそうなぐらい不勉強です。テクニカルにいたっては、子どもレベルです。

じゃあ、どうやって投資してんだよ!って話になりますが、今までのブログを読んでいただくとわかるように、会社の経営戦略研究と業界研究がメインになってます。

過去にどんな戦略で売上を伸ばしてきたのか、これからどうしようとしているのか、その業界の展望、期待できるところ、不安なところなどをネットや過去の新聞で調べて、いろいろと妄想して、「まだまだ売上が伸びそう!」というところを狙います。で、数週間から数カ月ぐらい監視して、なんかいい感じになったら、何回かに分けて購入します。

お得意の9627アインファーマシーズの場合は、会社を調べ始めたのが去年の暮れ。株価の監視を始めたのが、1月末ぐらい。で、4月下旬から6月下旬にわたり、4回にわけて購入しました。

会社の経営戦略を見るときに重視するのは、社長の言っていることと、会社のやってきたことが一致するかどうかですね。口だけならなんとでも言えますが、過去にやってきたことはごまかせませんから。

ア・バオア・クーでギレンが「決定的打撃を受けた地球連邦軍にいかほどの戦力が残っていようと、それはすでに形骸である。あえて言おう、カスであると。それら軟弱の集団がこのア・バオア・クーを抜くことはできないと私は断言する」と演説していましたが、その軟弱の集団に、地球を追い出され、ソロモンを落とされたわけで。社長の言動が信用ならなければ、当然、会社も信用できませんよね。

今のところ、アインファーマシーズは順調に株価を上げていますが、これからもこの手法でうまくいくかはわかりません。今、資産がプラスになっているのは、運がよかっただけなのかもしれないですし。というわけで、この株を売るころまでには、もっとファンダを勉強しておきたいですね。これから、エルメスやジオングと対戦するかもしれないというのに、ガンダムハンマーだけでは心もとないですから。

「今週も頑張って更新するように」と激励してくださる方は、カブログランキングに投票をお願いします
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tradam.blog9.fc2.com/tb.php/38-ce8cd9e5
この記事へのトラックバック
立てよ国民よ!
2005/07/28(木) 00:49:37 | ガンダム名言集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。