機動戦士ガンダムに学ぶ株式投資
機動戦士ガンダムのセリフに重ねて、株式投資を学んでいきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
JガンダムHDの性能評価
大学生トレーダーのこぅじぃさんより「JエスコムHDってどうなのよ?」という質問がありました。そこで私が、かっこよく解説できればよいのですが、なんせ投資経験が1年未満の若輩者。間違ったことを書いてご迷惑をおかけしても大変なので、架空のモビルスーツJガンダムHD(イェーガー・ガンダム・ハイパーディフェンサー)のお話をしたいと思います。



宇宙世紀1968年、地球連邦軍はジオン軍に対抗するための兵器としてモビルスーツ・Jガンダムを開発した。Jガンダムは、英会話の教材を制作・販売するというジオン軍にない脅威のメカニズムを搭載しており、その力を利用して小・中学生向けの教材を販売し、次々に性能をアップさせていった。

ところが、開発当時は高性能だったJガンダムも、時代の流れには逆らえず、いつしか時代遅れのモビルスーツに。一時は、撃墜確率の高いモビルスーツランキングに名前が載ることもあったという。

最盛期には2000を超えていた総合戦闘力も、いつしか70を切るようになっていた。

そこで、投資会社アナハイム・J・インベストメントが、Jガンダムの性能アップのために名乗りを上げた。アナハイム・J・インベストメントは、海外サッカーチームのオフィシャル文房具の販売や、企業向け通販カタログ事業など、次々に新装備を開発。さらに、商社オーツカから資金援助・技術援助を受け、改造を進めた。

連邦軍は、このようなアナハイム・JのJガンダムにかける思いを知り、Jガンダムの撃墜確率は飛躍的に改善されるだろうと期待した。

しかし、新装備シーアイ・デンタルの開発が長引いた上に、Jガンダムに装備不能になってしまうという事態が発生し、総合戦闘力は再び低迷することになる。

一方、連邦軍とジオン軍の戦いの中で、ナカガワ・ジムやアイビー・ボールといった低戦闘力モビルスーツを使った効率的な戦術が見出され、大きな戦果を上げていた。これを受けて、連邦軍はJエスコムも低戦闘力モビルスーツ隊に配属。しかし、なぜか十分な戦果を上げぬまま、前線から外されることになった。

一説によると、Jガンダムの大幅なモデルチェンジを狙ったアナハイム・Jによる戦闘力操作があったといわれている。そして、その噂が「Jガンダムが連邦軍最強のモビルスーツにパワーアップするのではないか」という憶測を呼んでいたのも事実である。

そして、宇宙世紀2005年。ついに、Jガンダムのパワーアッププランが公表された。それは今までの装甲の上に、持ち株会社装甲(ハイパーディフェンサー・ユニット)を装着することで、フレキシブルにほかのモビルスーツと合体したり、新兵器を搭載できたりするというものだった。この機能はモビルスーツ&アームズ・アタッチメント(通称M&A)と呼ばれ、戦闘力を1000にまで高められるものとして期待された。

この発表後、100以下に低迷していた戦闘力が200まで急上昇。新しい兵器への期待から、数多く小額出資が集まったためである。軍の中からは、低戦闘力モビルスーツ隊としての出撃を要請する声もあったが、アナハイム・Jは、かたくなにそれを拒否。その膨大な資金力を使い、浮き足立つ連邦軍の声を抑えた。

そして、宇宙世紀2005年10月3日。Jガンダムは、改修を終え、JガンダムHDとして生まれ変わった。

初出撃時には多くの人がその戦果に注目をしたが、期待に反して、撃墜モビルスーツはザク1機にとどまり、逆に装甲を中破し基地に戻ってくる結果となった。小額出資者からは、非難の声が上がった。しかし、今回はモビルスーツや新兵器をアタッチメントしていない状況での出撃であり、GP03ステイメンの性能だけを見て、デンドロビウムの性能を評価するようなものである。

今後、アナハイム・Jは、さまざまなアタッチメント用のモビルスーツや新兵器を開発するはずだ。それによる戦闘力の上昇は未知数である。また、そのための資金調達を目的として、あえて戦闘力を抑えているという情報も流れている。

この時点だけを切り取ったJガンダムHDの性能評価には、疑問を感じざるをえない。

(tradam's reportより)



やばい……また、わけのわからないものを書いてしまった。しかも、ガンダム未見のこぅじぃさんには、まったく意味がわからないかもしれないですね……。

つまりですね、私の意見は参考にならないということでご了承ください。

相互リンク祭りも、盛大に失敗しましたし……(涙)。

ちなみに、今回のレポートはフィクションであり、ガンダムやエスコムとは一切関係ありません。投資判断にご使用されることのないよう、お願い申し上げます。

「このブログを応援するよ」という奇特な方は、カブログランキングに投票をお願いします。ココをクリック!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ふふふ・・・2度読みましたよ☆

ガンダムとエスコムの歴史について同時に学べているようで、その実、一体これからどうなるのかがわからないもどかしさが逆にそそられました♪

つまり・・・tradamさん的にはこの銘柄、1000が狙える、、、と??

ふふふ、坊やの僕には夢膨らむレポートになりました♪

説明サンクスです☆

2005/10/04(火) 19:23:27 | URL | こぅじぃ #-[ 編集]

えーっと。
この記事は、ガンダムの歴史もエスコムの歴史も学べないというどっちつかずの内容です。
あんまり真に受けると痛い目に合いますよ~。

とりあえず今日も大幅安ですね。まだまだ辛抱です。
2005/10/05(水) 19:55:01 | URL | tradam #-[ 編集]

あは~☆志半ばにして利確しました(-_-;)

これもまたスキャの宿命。底付近で買えた自分を褒めたいです。。。

明日、もう一度下げたら再び狙っていきます(^^)v
2005/10/06(木) 11:34:11 | URL | こぅじぃ #-[ 編集]

今の値段だったら、たとえ大きく下げても数日中に戻すと思うので、また挑戦してみてください。

ま、これは「イェーガーガンダムハイパーディフェンサー」の話なんですけどね(笑)。
2005/10/06(木) 21:53:09 | URL | tradam #-[ 編集]

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tradam.blog9.fc2.com/tb.php/67-a74e6ffe
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。