機動戦士ガンダムに学ぶ株式投資
機動戦士ガンダムのセリフに重ねて、株式投資を学んでいきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
なぜあなたはこうも戦えるの?(第41話より)
戦場で出会ったアムロとララァは、戦いの中で心を通わせる。

ララァ 「なぜ、なぜなの? なぜあなたはこうも戦えるの? あなたには守るべき人も守るべきものもないというのに」
アムロ 「守るべきものがない?」
ララァ 「私には見える。あなたの中には家族もふるさともないというのに」
アムロ 「だ、だから、どうだって言うんだ? 守るべきものがなくて戦ってはいけないのか?」
ララァ 「それは不自然なのよ」
アムロ 「では、ララァはなんだ?」
ララァ 「私は救ってくれた人のために戦っているわ」
アムロ 「たった、それだけのために?」
ララァ 「それは人の生きるための真理よ」




自分の持っている銘柄の株価が急落する。買うときに事業分析をして、財務内容も確認して、将来性があると確信して購入した銘柄だ。

「今の急落は一時的なもの。すぐに戻すはず」。そう考えてホールドするが、株価が戻ることはなく、それどころかどんどん下がり続けていく。

そして叫ぶのだ。「なぜこうも下落する。ファンダメンタルズで考えると、今の株価は不自然だ」と。



ララァは、守るべきものがないのに戦うアムロを責める。しかし、アムロには守るべきものがあった。ア・バオア・クーでの戦闘終了後、アムロは言う。

アムロ 「まだ僕には帰れる所があるんだ」

つまり、アムロはホワイトベースのクルーを守るために戦っていたのだ。サイド7を脱出してからずっと、共に戦い、共に苦しみ、時にはぶつかりあった仲間は、アムロにとって家族だった。

一方、ララァは不幸な境遇にあった自分を救い、信頼して、役割を与えてくれたシャアの期待に応えようとしていた。シャアはララァを女性としてではなく、自分の目的のために利用する道具であると見ていた節がある。

会話の上では、アムロには守るべきものがなく、ララァにはあるように見えるが、実際は逆だったのだ。



アムロ 「では、この僕達の出会いはなんなんだ?」
ララァ 「ああっ。これは? これも運命なの?アムロ」


このとき、ララァは何を見たのだろうか。おそらく自分が信じていた「戦う理由」、そして「守るべきもの」が間違っていたということなのではないだろうか。

真実に気がついたとき、ララァは激しく動揺する。そして、それが悲劇を生むのだ。



なぜララァほどのニュータイプが、その真実に気づけなかったのだろうか。それは、シャアと最初に出会い、シャアのことを信じたいと思ったからである。

人間は「最初に出会った情報、知識に、強い影響を受ける」ものであり、「信じたいものを信じる」ものなのだ。

だから、現在の株価の下落という現実よりも、最初に自分が行った分析を信じ、そして「すぐに戻すはず」ということを信じる。

最初の思い込みを捨て、現在の状況を冷静に分析できるか。それが生死の分かれ目になる。



今回の話は実体験です。

私も昔モビルスーツのパイロットをやってまして、敵軍の女性兵士と……

そんな話があったらいいんですが。



実際は、銘柄分析を信じすぎてしまって、損切りが遅れてしまったということです。何事も固執してはいけませんね。反省であります。



ついに「第41話・光る宇宙」まできてしまいました。続きを書くのが、なんだか怖いです……。

カブログランキング 人気blogランキング
三空踏み上げには売りむかえ
「三空踏み上げには売りむかえ」という格言を知っていますか?

「空」とは「窓」とも呼ばれていまして、上昇相場で、これが3回続くことを「三空」というらしいです。

三空1


まあ、こんな感じですね。









これをガンダムに置き換えると、このような感じになります。







三空2


ドムが踏み上げられてます。

こうなると、どうなるのか。ガンダム好きな皆さんは、もうお分かりですね?







三空3


マチルダさんが!






三空4


マチルダさ~ん!





というわけで、ジェットストリームアタックは売りサインです。

カブログランキング 人気blogランキング
聖典を買うべきか、買わざるべきか
皆さんもご存じの「機動戦士ガンダム DVD-BOX」が年末に発売になります。

9月14日までに予約すると、特製アクションモデル 「1/200 RX-78-2 GUNDAM Limited Version」(非売品)が付いてくるんですよね~。

うーん、欲しい。欲しいけど、高いしな~。

と、悩んでいるのですが、結局買ってしまうと思います。なんせ私の株の教科書ですから。

これさえ買えば、1億円も目じゃないです。ってことはないでしょうが……どちらかといえば、徹夜で見てしまって、投資成績も下がり、仕事にも悪影響を及ぼしそうな気が……。

えぇい! 予約するしかないのか!



icon
icon


機動戦士ガンダム DVD-BOX 1 予約特典セット <完全初回限定生産>
icon


icon
icon


機動戦士ガンダム DVD-BOX 2 <完全初回限定生産>
icon
必ず生き延びてくれよ(第40話より)
徐々に上がり続けるアムロの反応速度に、ガンダムの駆動装置がついていけなくなった。それを改善するために、モスク博士は連邦軍は機体にマグネットコーティングを施すことを決定。未だテストさえしていない状況だった。

モスク 「理論的な自信だけはある。メカニック的な干渉はすべて打ち消したはずだ」
アムロ 「ということは、無限大にスピードは速くできる」
モスク 「うん、理論的にはな。しかし、ガンダムのパワーはそうはいかん」
アムロ 「そうですね」




ある投資法を学んだとき、それですぐに利益を上げられるわけではない。何度か実戦で試し、修正を加えながら、精度を上げていく。それを繰り返して初めて、投資法が確立するのだ。


アムロは、モスク博士に感謝の言葉を述べる。

アムロ 「博士は僕らの救い主です」
モスク 「君が生き残ったらそう言ってくれ。今回のデータだけはなんらかの方法で私の手元に届けてほしいものだな」
アムロ 「だから人の本音というのは聞きたくありませんね」
モスク 「まったくだ、アムロ・レイ君。君のガンダムに対するセンスに期待するよ」
アムロ 「ありがとうございます」
モスク 「必ず生き延びてくれよ」
アムロ 「はい。データを持ち帰るためにですね」
モスク 「そう、そうだ」




実戦を繰り返すためには、生き延びなければならない。一度目の出撃で撃墜されてしまえば、二度とテストを繰り返すことができず、新たな投資手法を確立することも、身につけることもできないのだ。

もしも、投資の世界に「生きるか、死ぬかのどちらかだ」という心構えで出て行こうとするのであれば、やめた方がいい。第一に考えなければいけないのは、「生きて帰ってくること」なのだ。



「今週は、あと2回更新する」と書きながら、すでに土曜日。結局達成することはできませんでした。予告なんてするもんじゃない。

脳みそにマグネットコーティングを施せば、少しは更新頻度も上がるのでしょうか。博士~お願いします~。

カブログランキング 人気blogランキング
援護がなければ集中しきれない(第40話より)
ニュータイプ専用モビルアーマー・エルメスに乗って、戦場に出るララァ。サイコミュ兵器ビットを使った遠距離からの攻撃で、戦艦を撃破していく。

ララァ 「左のサラミスを。やった、大佐、やりましたよ」
バタシャム 「……エルメスのビットが? ま、まるでベテランパイロットじゃないか。あれが初めて戦いをする女のやることなのか?」
ララァ 「よーし、もう一隻ぐらい。ドムが援護を? ドムが後ろに下がる。なぜあたしの後ろにつこうとするの? 初めて戦いに出るあたしを前に出して。あたしがやるしかないの?」


護衛についていたバタシャムたちのドムは、エルメスの後ろに下がる。すると急にビットのコントロールがうまくいかなくなってしまった。

ララァ 「ああっ、援護がなければ集中しきれない。あと一隻だというのに」



自分が保有している銘柄の株価が下がり始める。まだ損切りラインまで到達していないが、恐怖感ですぐに損切りしてしまいたくなる。

自分が狙っていた銘柄の株価が下がり始める。まだ買おうと思っている価格まで下がっていないが、買う前に上昇してしまうのではないかと、あせって買いたくなる。

そんな恐怖・あせりにかられて売買をしてしまうと、たいていの場合は失敗する。その場合、金銭的ダメージよりも心理的ダメージが大きくなることが多い。



集中力を失ったララァのもとに、シャアの乗ったゲルググが近づく。

シャア 「ララァ、援護するぞ」
ララァ 「大佐。……大佐がいれば」


ララァは再び正確な攻撃を始め、残りの戦艦を撃沈することができた。

サイコミュ兵器で長距離から戦艦を攻撃する場合、ドムの援護はなんの役にも立たない。しかし、もしものときに頼りになる護衛がいるかどうかは、心理的に大きな影響を与える。



株式投資における心理的な護衛は、配当狙いの安定株、予備資金、普通預金などが相当するだろう。これらを保有していることで、1つの銘柄に対する恐怖心やあせりが緩和される。

もしも自分が決めたルールどおりに売買ができないのであれば、心理的護衛を増やしてみるのも手である。



人によっては、投資関連以外のものが心理的護衛になるかもしれない。それが「仕事」だという人もいるだろう。

しかし、実際に攻撃を受けたときに本当に何の役にも立たないもの、例えば、お守りや宝くじなどは、護衛にしてはいけない。



よしっ。昨日の予告どおり、無事に本編を更新することができました。次の更新は……えーっと……予告はやめておきましょうか。

でも、本編・雑談を合わせて、今週中に2回は更新したいですね。……更新し「たい」ですね。ええ、願望です。確約はできません。



今日もどっかんと下がりましたね~。私が株を始めたばかりのころは、1日でこんなに動くことは少なかったような気がします。今は日経平均が簡単に200円、300円の幅で動きますよね。

ミノフスキー粒子が濃すぎて、先がまったく読めません。まあ薄くても先なんて読めないのですが。

カブログランキング 人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。